自分がダサいと思うことをする必要性

私が後輩からラブコールを受けているバンドをやりたくないのは、自分が良いと思わない音楽を他人の前で演奏したくないからだ。

 

サークルを引退した。

といっても去年の冬の話だから、もう半年以上前のことだ。

現役の時には同じベースのパートに人が少なかったせいか、僕がある程度のレベル(サークル内の現役のレベルはそんなに高くない)で弾けるためか、お誘いがたくさん来たし、バンドは楽しかったので、とても多くのコピーバンドを組んだ。

サークルの1/4は僕が関わったバンドだった。

そのたくさん組んだバンドについて、その本家の立派なバンドについて言えるのは、そのバンドのことをしっかり好きである、ということである。

少なくとも組んだ当時は。

 

僕が軽音サークルに入ったのは一年生の終わりの方で、最初は違うサークルに入っていた。

そのサークルを辞めてからはしばらく学科の友達と遊んでいたが、ずっと好きなバンド系の音楽にさらに深くのめりこんでしまい、良い音楽について話せる、共有できる人が近くに欲しいと思うのに時間はかからなかった。

私が軽音サークルに入ろうと思ったのは、バンド演奏してみたいということと、自分が良いと思う、好きな音楽について話せる友達が欲しかったのである。

 

たくさんコピーしたバンドの中にも、思い入れの強いものとそうでもないものがあって(組んだ人ごめんなさい)、僕の中ではそれは、大御所だけど、挙げるとすれば「東京事変」「サカナクション」「アルカラ」だった。

この三つは、まずバンドとして愛しているし、演奏が難しいのでやりがいもあって、かなり思い入れがあるものだった。

最後の引退ライブで事変とアルカラがオーディションに落ちた時には号泣だった(特に事変)。

一生忘れないだろう。

 

やりがいのある(コピー)バンドはもうひとつあった。名は伏せよう。

メンバーが、一つ下の代のオールスターと僕、という組み合わせで、現役の中でならかなり上手いバンドだった。

最後の引退ライブも有力視されていたが、とあるメンバーの素行不良によりオーディションに出場できないことになってしまったバンドである。

僕の中では、確かに「やりがいのあるバンド」だった。

しかしそれ以上でもそれ以下でもない、というのが僕の正直な気持ちである。

 

先ほども言ったように、組んだ時点ではとても好きなバンドだった。ベースラインが結構かっこいい。

でも、最近出た彼らの曲を聴くと、メジャーデビューに飲まれてしまったような曲が増えた。

飲まれるバンドはたくさんあれど、理論系の彼らなら・・・と思っていたのだが、目指している所がさらに上なのだろう、とてもキャッチーなものになっていた。

 

僕の持論というかこれはよい音楽だ、と思う基準がある。

「十年後も聴かれているかどうか」である。

これは音楽だけに限った話ではないかもしれない。

サークルを引退してから、今までよりさらに音楽を聴くようになっていた。新しい音楽を、一日に5曲くらいは絶対聴いている。最初はとても体力が必要だったが、それでよい音楽に巡り合える確率はグンと上がる。

実際素晴らしい音楽をたくさん見つけたし、なにより、良いものを良いものとして認識できる力がついたんじゃないかな、と思う。

音楽を聴いている量は現役の時からかなり多かったので、この音楽はたかが3,4年だろうな、というものは分かるようになっていた。

 

冒頭のバンドは、10年後にも聴かれているのだろうか。しっかりとした表現を失った彼らの音楽に魅力はあるのだろうか。

売れてるバンドは好きじゃない、という話ではない。売れるだけでも才能がいるのは確かだ。

しかし、今現在の音楽シーンは、つまらんフェスに出場するためだけのつまらん音楽があふれかえっている。

日本の音楽性はガラパゴスと言われるが、そろそろ限界を感じている。

そのバンドにも、つまらない独自性の匂いを感じてしまったのだ。

 

いま、後輩たちにそのバンドをもう一度やってくれ、そのバンドでベースを弾いてくれ、とたのまれている。

する理由があるとすれば、後輩のため。

しない理由は、今まで述べた通り。

自分が信じていない、もはや大事でも何でもない物なんかやりたくない。

そんなものを人前で演奏するなんて、僕にとって論外である。

私にはセンスがないですよと吹聴して周ることに他ならない。

ダサいと思うことをする必要性なんて、僕にはない。

映画という芸術に対しての私の感性

久しぶりに映画館で映画を観た。
レヴェナントという、圧倒的に寒い、辛い、痛い映画。

この二時間半の映画を観終わった時、凄まじい映画だったなと思うと同時によくわからないモヤモヤが残って、家に帰る間も映画のことをずっと考えずには居られなかった。

ある程度考えがまとまったらネットでレビューを見てみようと思い、自分なりに考察してみたのだけど、その後レビューを見て、絶望と感動が同時に体を駆け巡る体験をすることになってしまった。

何に感動したかと言えば、それはこの映画のテーマが「親子愛」であり、それによって物語が進んだことは誰にでも理解できることだった。しかし、そのテーマの表現が至る所で…僕の気付かないところで多々存在していて、映画を観終わってモヤモヤしていた理由がテーマ性の主張がなんか弱いと感じたから、と気づけたことと、そのテーマ性の表現自体に深く感動してしまったことだ。

絶望した点は、映画を観ている最中、そのテーマが表現されている箇所に、自分の力で気付けなかったことだ。
このことは本当に悲しく、僕にとっては許せないことだ。単直に言えば、僕が「作り手の狙いにすら気付けない、つまらない受け取り手」になってしまっているということだ。これはもはや、好き嫌い、良い悪いで芸術を評価することすらしてはいけない、僕からしたら本当になりたくないような人だ。自分に怒りすら覚える。

こう思うのも、僕は同じ芸術である音楽ではある程度それが出来ている自負があり、作り手の狙いや意図までを感じることが、受け取り手としてあるべき姿だと常日頃思っているからだ。

音楽でそれが出来ている分、映画での受け取り手である自分がどれほど未熟かがよく分かる。努力しよう。感性を磨こう。

NBAでも最近そう思ったな。

表現の世界

インプットが少ないのか、アウトプットが下手なのか

どちらにしろ視野がとっても狭かったことに気付く

いろいろ聴きかえしてみて、学ぶことに終わりはないと気付く

音楽が体に入ってくるなぁ、きもちいい

この感動を味わいたいから 
その味を知ってしまったから 
追い続けるのだろうか、追い求めるのだろうか

はやく上に行きたいんだよ  表現の世界

緊張とか不安とかネガティヴ感情だったけど

4月21日、今日は忘れない日になるんだろうか。

いろんな人に嘘をついたこともあったけど、これが初めてなんです。

だからこそ緊張したし、これからは不安だし、ネガティヴになってしまうけど、これは無駄な感情な気がする。

これから起こる楽しいことの話をしていこうと思います。

いままでもこれからも魅力的な人でいたいし、いて欲しいな。

楽しもう。
これから、どうぞよろしく。

とある海藻

綺麗な暖簾を押す。


自分のことを思ってくれている人、

僕には特別な人ではない。

しかし、自分に向けられた思いにはしっかり向き合わなければ、という思い。

それは自分が他人に気持ちを向けた経験があるから、そう思うのかもしれない。


暖簾は風に揺れている。


その人は僕にとっては特別な人だからか

逃げずに向き合って欲しかったからか

その状況から抜け出したいだけなのかもしれない


暖簾に手応えはない。


半年も同じ状況だった気がする、もっと多いかもしれない。

自分の中で勝手にその気になっていただけかもしれない。


暖簾はこちらに向けていない裏面も綺麗だ。
僕はそれを見て見ぬ振りをする。


この気持ちを何回経験しただろうか

たった一人相手に

自分でも分かっているのに


暖簾は風に綺麗に踊るだけで、こちらにはまったく興味がない。


頑固だと言われてウッとなる。

本当は気づいていたのかもしれない。

周りからの声でその気になっていただけかもしれない。


暖簾は光を反射して、たまに僕だけに綺麗な姿を見せる。ただの気まぐれなのに。


行動に義務感を感じてしまう。

無視できないほどその疑問は大きくなっていく。


本当は好きじゃないのかも。


暖簾を押し続けるのももう止めたい。


やっとの思いでご飯まで辿り着いたのに、その瞬間嫌な気持ちになってしまった。


暖簾をみる、離れた距離から。

もう押したりはしたくない。

忘れるよりも同化する感覚 Part1

今だからこそ書ける、思うことを。

今年から大学四年になった。すでに研究室配属を終えて、今まで重きをおいてきたサークルと距離を置き、つまんない院試の勉強なんかをやってる。

研究室は、知り合いの先輩がいたのと、バイトやサークルなんかで培ったコミュニケーション能力で、まあ、うまくやってるんじゃないかなー、といった感じ。まあ安心。

 

けれども、新しい環境というものはどうしても勝手悪いと思うことがある。

 

きっとそれはその新しい環境に慣れてないことに他ならない気もするし、時間がたてば何も思わなくなるのだろうなー、と。

忘れるわけじゃないけど、感覚的に同化してしまうような、自分の中でこれは違うなということに対してもそのうち何も思わなくなるんだろうけど、それがちょっとだけ嫌だ。

だから今、違和感をまだ感じている時に、書き残そうと思った。

前置きが長くなった、、、

 

まず思うことは、研究室来ないやつはダメだ、という先輩からの圧力。それがうちの研究室の雰囲気のメインストリーム。最初は先生からの強制かと思ってたけどそうじゃなかった。

確かに来ない人は研究しないわけだから、結果主義のうちでは大事なんでしょう。

でもしょせん研究なんて、大学でやるうちなんて盲目的になってまで、する必要があるのだろうか。

その雰囲気を作り出している主な一人の先輩は、研究関係の狭い世界の話しかしない。

大学とは、、、みたいな話は長くなるからでしないけど、なにも知らない、視野の狭い人間だなぁって思っちゃう。踏み込むと個人的な悪口になるからこれ以上言わないけど。

三十歳になって仕事の話しかしない人間にはなりたくない。一生懸命なのはわかるし、素晴らしいとも思うけど、一回きりの人生それでいいんだろうか。老後とか自慢話に明け暮れちゃうんだろうなあ。

ちょっと話それたけど、、、

来ないやつは・・・の雰囲気って、実は大きく言えばブラック企業の正体なんじゃないだろうか。

誰かがその雰囲気作っちゃうと帰れないじゃんね、自分はいいかもしれないけど他の人にはものすごく迷惑。

長くなったので、ここで一回切ろうかな・・・

ここまで書くのに一時間以上使ってる。笑

これをPart1と題して、近いうちに続きでも。

焼肉食べ過ぎた。

4月19日。

 

頑張って続けます

三日坊主に加えていろんなものに手を出す僕ですが、今回も懲りずにブログをはじめてみた。

理由はいくつかあるのだけど、主なうちの一つは、最近憧れの表現というやつで、それをしていくうえで自分にとっては文字で表すということが一番わかりやすく、すぐにできて、あとから見直せたりするから便利かなー、と。

思考なんて半年もたてば変わってくるものだと思うし、さらに新しいものも増えると思うので。

ツイッターとかだと見る人が多くてとてもできない。

 

思考の整理もできそうで。

 

気が向くままに更新しよう。